後悔しない結婚指輪選びのコツ! > 基礎知識 > 結婚指輪にルールはある?

結婚指輪にルールはある?

2017-01-31


結婚指輪を身につける際に気になるのが、結婚指輪にまつわるルールです。
知らずに身につけていてルール違反でひんしゅくをかっては、せっかくの新婚生活も最初から躓いてしまいかねません。
そんなわけで、今のうちに結婚指輪に関するルールについて学んでおきましょう。

Q.結婚指輪に関するルールってあるの?

結婚指輪に関して、ルールは特に決められてはいません。
二人の間で決めたことなら、他人がとやかく言うことではありません。

Q.結婚指輪を購入するのは誰?

特に誰が買うという決まりはないので、二人で相談して決めましょう。
もっとも多いのは男性ですが、女性も貯金をして幾らか出したり、結婚指輪の代金を男性に払ってもらう代わりに何か別の費用を女性が引き受けるという分担をしているカップルも多く見られます。

Q.結婚指輪に付ける石はダイヤって決まってるの?

結婚指輪に付ける石には、特に決まりはありません。
誕生石や両親から受け取った大切な石を使って作る方もいます。
「どんなことがあっても砕けない二人の想いの象徴」「純粋無垢な花嫁の心の象徴」という意味で結婚指輪にダイヤを使い始めたのが元々の理由です。
石をつけないシンプルな指輪も、根強い人気となっています。

Q.結婚指輪ってペアで同じデザインにしないとダメ?

ペアでお揃いのリングを身につけたいカップルは同じデザインにしていますが、それが決まりというわけではないので、結婚指輪だからといって必ずしも同じデザインにしなければならないわけではありません。

Q.結婚指輪に入れる刻印に決まりはある?

特に決まりはありませんが、文字数に限りがあるので何文字まで刻印が可能かは個々のショップでお問い合わせください。
人気の高い刻印は、二人のイニシャルや結婚記念日、誕生日などです。

Q.婚約指輪と結婚指輪を一緒にはめてもいい?

はい、もちろん大丈夫です。
婚約指輪をずっと付けているのも、傷を気にしないのであれば問題はありません。
最近では、重ね着けができるように、婚約指輪と結婚指輪をセットで売っているブランドも増えています。

ケイ・ウノ

「幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店」をコンセプトに、年間4万種類モノデザインを生み出しているブランドです。シンプルなものから、エレガントなもの、ファンシーなものまで幅広く取り揃えています。オーダーメイドジュエリーにも対応しており、世界でひとつだけの2人の愛の絆をつくることもできます。また、ディズニージュエリーも取り扱っており、まさにプリンセスが身につけるような結婚守備を手にすることができます。専属コンシェルジュのサポートが手厚いところも、大きなポイントです。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら

俄(にわか)

俄は1200年の歴史を持つ京都で誕生しました。洗練されたフォルムと、身につけたときの指の美しさと一体感を持ち味しているジュエラーです。デザインは細部にまでこだわりを感じさせるものとなっています。さらにリングひとつひとつに名前をつけており、それから連想されるイメージが、これから結婚する2人のストーリーに彩りを加えてくれることでしょう。また、おもてなしの心を大切にしており、スタッフの対応が非常に良いと評判です。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら

GINZA TANAKA

GINZA TANAKAは国内では最も歴史のあるジュエラーであり、その信頼性と安心感は一線を画するものがあります。製造される結婚指輪は、傷や変形に強く、美しい輝きをずっと手元に宿すことができます。これは、あらゆる貴金属の特性を熟知している田中貴金属だからこそ開発できた技です。また、ダイヤモンドにも強いこだわりを持っており、日本初のダイヤモンド専門書を発行した歴史があるほどです。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら