カルティエ

2017-01-31


宝石商の王カルティエが生み出すハイソな結婚指輪

ジュエリーや腕時計などを中心とした高級ブランド、カルティエ。
160年以上の長い歴史が積み上げてきた伝統の技が生み出すジュエリーは、芸術性に優れた逸品として世界中の人々から深く愛され続けています。
カルティエのジュエリーは、英国王エドワード7世により「王の宝石商、宝石商の王」と褒め称えられたほどです。
そんなカルティエが展開するブライダルジュエリーは、繊細なフォルムと魅惑的な輝きが特徴です。
伝統的な職人の技を活かした細やかな手作業による加工、上質のデザインを生み出す一流のデザイナー陣、これらの人々の手が上手く絡み合って、最高級のブライダルジュエリーを築き上げているのです。

カルティエの結婚指輪は、リングの形状からダイヤの配置まで、細やかに計算され尽くした美しく繊細なフォルムが魅力です。
シンプルでベーシックなスタイルのリングであれば、比較的リーズナブルな価格で手に入るところも人気の秘密です。
デザインには様々なものがあり、ベーシックなタイプからモダンなタイプまで様々な指輪が用意されているので、二人の好みに合ったものが見つかりやすいとも言えるでしょう。

カルティエで人気の結婚指輪

カルティエの展開している結婚指輪の中でも、ベーシックなデザインで長く使えるタイプなのが「バレリーナ ウェディング リング」と呼ばれるリングです。
クラシカルなフォルムで老若男女問わず身につけられるシンプルな美しさが魅力で、内側にはカルティエのロゴが入っています。
バレリーナの名を冠する指輪は他にも幾つかあり、カルティエでも代表的な指輪とされています。

カルティエの結婚指輪は、エタニティリングも豊富に揃っています。
指先に美しい煌きが欲しい人には、ピンクゴールドのリングにブリリアントカットのダイヤモンドがまぶしいほど敷き詰められた「カルティエ ダムール ウェディングリング」なども人気です。

Cartier(カルティエ)の予算相場や口コミ・評判

Cartier(カルティエ)の口コミ・評判/女性/素材:ピンクゴールド/石:ダイヤモンド

最初は、婚約指輪を買うつもりはなかったのですが、指輪を見に行ったときにカルティエのデザインの美しさと付け心地の良さにとても感動しました。兄が結婚するときに、婚約指輪でカルティエを贈っていたのを思いだし何気なく彼に言うと、その場で婚約指輪を注文すると言い出したんです。彼としては、わたしの両親にちゃんと認められたいという気持ちがあったんだと思います。それほど給料が高くなかったにも関わらず、ダイヤモンドが入った婚約指輪を買ってくれました。要らないと思っていた指輪ですけど、実際に贈られてみるととっても嬉しいですし、彼といよいよ結婚するんだなと実感しました。彼も、両親も彼のことを見直したみたいで、今ではとても仲が良いです。(目的:婚約指輪 / 立場:相手から贈られた / 当時の年齢:23才 / 当時の年収:約190万円 / 予算:約15万円)

Cartier(カルティエ)の口コミ・評判/女性/素材:プラチナ/石:ダイヤモンド

主人とは大学1年生のときから付き合いはじめ、社会人2年目の23歳のときにプロポーズをされました。大学生のときからCartierは憧れのブランドであると彼に伝えていました。そして、婚約指輪はダイヤモンドが1つついた、シンプルなものがいいと話していました。社会人2年目の6月に2人で神戸へ旅行したときに、ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドに宿泊しました。彼は「ボーナスが出たばかりだからスイートを予約した」と話していました。1日神戸観光をし、夜部屋へ戻るときに彼が「車に忘れ物をしたから先に部屋に戻っていて」と言いました。一人で部屋に入るとベットにはバラの花束が置かれ、キャンドルがハート型に灯されていました。困惑していると、後ろから彼が部屋に入ってきて跪きながらCartierの箱をぱかっと開け、「結婚してください」と言いました。そこには彼に伝えていたような1つダイヤモンドの素敵な指輪が入っていました。憧れていた通りのプロポーズに涙が止まりませんでした。いまももらった指輪はとても大切にしています。(目的:婚約指輪 / 立場:相手から贈られた / 当時の年齢:23才 / 当時の年収:約600万円 / 予算:80万円)

Cartier(カルティエ)の口コミ・評判/女性/素材:プラチナ/石:ダイヤモンド

結婚指輪は高級ブランドの指輪が欲しいとずっと思っていました。私達の場合高級ブランドの指輪は、結婚という節目でないと手の届かないものだと思っていたからです。もちろんお付き合いしている時にはペアリングを持っていましたが、結婚するからにはそれなりのブランドのものが良いという認識があり、それは私だけでなくお互いの共通認識でもありました。ペアリングはティファニーだったので、結婚指輪に関してはまた別のブランドものが良いと思い、カルティエを選びました。カルティエの指輪というのはやはり女性にとってはかなり憧れのブランドだと思います。このような機会がなければ、カルティエのショップに入ることすらなかったと思います。ずっと身に付けるものだからこそ、きちんとしたブランドの指輪が良いと思いカルティエを選びました。(目的:結婚指輪 / 立場:二人で一緒に買った・選んだ / 当時の年齢:26才 / 当時の年収:600万円 / 予算:25万円)

Cartier(カルティエ)の口コミ・評判/女性/素材:プラチナ/石:ダイヤモンド

結婚が決まり、夫から婚約指輪をもらえることになりました。どんな指輪にするか、二人で色々なお店を見て回りましたが、最終的に、私が前々から憧れていたカルティエにて購入することに決めました。私達が選んだのは、シンプルな一粒ダイヤの指輪でした。ダイヤの質によって料金にかなり開きがありましたが、夫の予算に合ったダイヤにて指輪を作製してもらうことになりました。完成した指輪は後日、結納代わりに行った両家の顔合わせの際に、夫から贈ってもらいました。真っ赤なカルティエの箱に入ったダイヤの指輪。夫から、左手の薬指にはめてもらいました。ああ、結婚するんだなぁという実感が湧いた瞬間でした。こんなに高価な指輪をもらうことなんて、後にも先にももうないと思います。一生モノだと思って、大切にしていきたいです。(目的:婚約指輪 / 立場:相手から贈られた / 当時の年齢:26才 / 当時の年収:250万円 / 予算:27万円)

Cartier(カルティエ)の口コミ・評判/男性/素材:妻ピンクゴールド 夫ホワイトゴールド/石:なし

妻にプロポーズする時に購入しました。付き合って時から何となく結婚を意識する話題も増えて来たのでそろそろかな、なんて思い貯金はしていました。何気ない話題の中で憧れの結婚指輪はカルティエだと匂わせる発言があったのを覚えていました。きっとさりげなく自分に伝えたかったのでしょう。なので一人でこっそりと通販や店に指輪を見に行きました。きっと高いんだろうな、なんて覚悟していました。しかし思ったより安くて良いデザインの指輪を見つけたのです。同じデザインで素材が違う2色の指輪はまさに妻と夫にピッタリだと見えたのです。早速それを注文しました。いざプロポーズをする時は流石に緊張します。指輪の箱を差し出しながらまるでドラマの様にひざまずき、プロポーズをしたのです。妻は泣いて喜んでくれましたしプロポーズは大成功したのです。カルティエを選んだのも正解でした。やはり妻はカルティエの指輪が良かったらしく、おお喜びだったのです。(目的:婚約・結婚指輪兼用 / 立場:自分が贈った / 当時の年齢:28才 / 当時の年収:250万前後 / 予算:2人分で25万位)

ケイ・ウノ

「幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店」をコンセプトに、年間4万種類モノデザインを生み出しているブランドです。シンプルなものから、エレガントなもの、ファンシーなものまで幅広く取り揃えています。オーダーメイドジュエリーにも対応しており、世界でひとつだけの2人の愛の絆をつくることもできます。また、ディズニージュエリーも取り扱っており、まさにプリンセスが身につけるような結婚守備を手にすることができます。専属コンシェルジュのサポートが手厚いところも、大きなポイントです。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら

俄(にわか)

俄は1200年の歴史を持つ京都で誕生しました。洗練されたフォルムと、身につけたときの指の美しさと一体感を持ち味しているジュエラーです。デザインは細部にまでこだわりを感じさせるものとなっています。さらにリングひとつひとつに名前をつけており、それから連想されるイメージが、これから結婚する2人のストーリーに彩りを加えてくれることでしょう。また、おもてなしの心を大切にしており、スタッフの対応が非常に良いと評判です。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら

GINZA TANAKA

GINZA TANAKAは国内では最も歴史のあるジュエラーであり、その信頼性と安心感は一線を画するものがあります。製造される結婚指輪は、傷や変形に強く、美しい輝きをずっと手元に宿すことができます。これは、あらゆる貴金属の特性を熟知している田中貴金属だからこそ開発できた技です。また、ダイヤモンドにも強いこだわりを持っており、日本初のダイヤモンド専門書を発行した歴史があるほどです。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら