4℃

2017-01-31


原宿で産声をあげたジュエリーブランド、4℃

4℃(ヨンドシー)は、1972年に日本で生まれたジュエラーです。
ブランドの設立前夜とも言える1960年代後半は、原宿を中心に新しい感性を持った若者たちの手により様々な素材を使ったアクセサリーが作られていました。
それらが本格的なブランドとして始動したのが1972年のことです。
その後しばらくはファッションジュエリーのブランドとして実績と人気を積み重ねていきましたが、2009年からはブライダルジュエリーの分野にも本格的に進出。
現在は海外ブランドにも匹敵する品質と魅力を備えたブランドとして、幅広い世代から評価されています。

4℃の結婚指輪の特徴は、シンプルさを追求したスタイルと言えます。
一口にシンプルと言っても、実用性とファッション性=機能美を兼ね備えたものはなかなか見当たりません。
4℃なら、機能美を備えた納得の結婚指輪を手に入れることも可能です。
オーダーメイドも受け付けてもらえるので、お気に入りのデザインがある場合はオーダーメイドにするのも良さそうです。

4℃が人気となっている理由は、日本生まれのブランドらしい厳しい品質管理にもあります。
例えば結婚指輪に使用するダイヤモンドは「4℃ダイヤモンド」と呼ばれる厳しい基準をクリアしたものだけしか使われていません。
プラチナは「4℃ピュアプラチナ」と呼ばれる純度99%以上のもののみが使われています。
このように厳しい基準で出来上がったものを、さらにプロの職人による検査・検品を行い、合格したものだけが晴れて結婚指輪として皆さんの元に届けられることになるのです。

4℃で人気の結婚指輪

4℃では比較的シンプルなデザインの指輪が人気ですが、ディズニーをモチーフにした結婚指輪を選ぶカップルも多いようです。
リングの表面や内側にミッキーマウスのモチーフが描かれ、内側にはディズニーコレクションだけの刻印も施されています。

4℃(ヨンドシー)の予算相場や口コミ・評判の予算相場や口コミ・評判

4℃(ヨンドシー)の口コミ・評判/女性/素材:プラチナ/石:ダイヤモンド(女性用のみ)

結婚式前に、結婚指輪を買うことになりました。私と夫の分、二つを購入するとなると、なかなかのお値段になるはず…。なんとか予算内で購入できるお店を探したところ、比較的お手頃で素敵なデザインのものが沢山ある4℃にて購入することに決めました。夫はシンプルなプラチナの指輪を、私はプラチナに小さなダイヤモンドが5つ並んでいるデザインの指輪を選びました。指輪の裏側には入籍した日と、二人の名前のイニシャルを刻印してもらいました。また、結婚指輪を購入した際のプレゼントとして、ウェディングの衣装を着たクマのカップルのぬいぐるみをお店から頂きました。とても可愛かったので、結婚披露宴の際にウェルカムドールとして会場に飾りました。(目的:結婚指輪 / 立場:二人で一緒に買った・選んだ / 当時の年齢:27才 / 当時の年収:250万円 / 予算:二人分で10万円)

4℃(ヨンドシー)の口コミ・評判/女性/素材:プラチナ/石:ダイヤモンド

昔からヨンドシーが好きな事を相手の方は知っており、カップル時代も2年間交際した際に、ヨンドシーのペアリングを購入しました。その時は、お互いの指輪をお互いに買うという感じでした。婚約指輪は5年が経った後、いつもより高級なレストランで、突然渡されました。結婚なんて、考えておりませんでしたので正直ビックリしました。20代でまだまだやりたいことがたくさんありましたので、結婚はまだいいかなと思っておりました。すごく考えましたが、やはり指輪を渡されましたら、即答でプロポーズをお受けしました。指輪というのは、人の気持ちを変える素敵な物だなぁと改めて実感致しました。ヨンドシーは、私の住んでいる大阪梅田には、たくさんの店舗がありますので、買いやすかったと彼は言っておりました。(目的:婚約指輪 / 立場:相手から贈られた / 当時の年齢:27才 / 当時の年収:250万円 / 予算:30万円)

4℃(ヨンドシー)の口コミ・評判/女性/素材:シルバー925/石:ダイヤモンド

妊娠が発覚しての結婚でした。当時まだ若く、結婚資金を貯めているわけでもなかったので結婚式はしないことに。それでも何か結婚したというけじめが欲しく主人と話し合い、結婚指輪だけでも買おうということになりました。百貨店の宝飾品コーナーを見て回りましたが、やはりどれも高価なものばかり…指輪を買うのは諦めようかと思った時に通りかかったのが4°Cのお店でした。ドラマなどで4°Cの婚約指輪を贈るシーンを見たことがあったため、ブランドは知っていましたが、高価なのだろうと通り過ぎる時にふと目に入ったペアリングがとても素敵なのに手の届く範囲のお値段で、思わずこれがいい!と主人を引き留めてしまいました。普通のカップルの指輪に比べたらチープですが、今でも磨いて大切につけています。(目的:婚約・結婚指輪兼用 / 立場:二人で一緒に買った・選んだ / 当時の年齢:22才 / 当時の年収:250万円 / 予算:10万円)

4℃(ヨンドシー)の口コミ・評判/男性/素材:プラチナ/石:ダイヤモンド

2年程付き合って同棲もしていたのですが、相手の年齢や出産の事も考えて、結婚を視野に入れるようになりました。その時にどんな指輪が良いかを毎日考えながら過ごしていたのを覚えています。何店舗か訪れたのですが、指輪のシンプルでスタイリッシュなデザインが彼女に合うと思って4°Cで購入する事になりました。接客対応にも好感度が持てましたし、何よりも高品質な物を取り扱っていて、トラブル時にも対応してくれるサービスの充実度に魅力を感じました。また彼女の好きブランドでもあったので、婚約指輪を渡した時は大変喜んでいる印象でした。渡す時は緊張しましたが、より一層彼女を守っていかないとなという固い決意も生まれました。指なじみも良くて、婚約指輪を付けている彼女は一段と綺麗に見える瞬間でもありました。(目的:婚約指輪 / 立場:自分が贈った / 当時の年齢:26才 / 当時の年収:約300万円 / 予算:約27万円)

4℃(ヨンドシー)の口コミ・評判/女性/素材:プラチナ/石:ダイヤモンド

良く行くお店に4℃があって、嬉しそうに覗いていたことが何度かあったので、夫が買いに行ってくれたようです。デザインや価格などは、夫任せでしたが、納得のいくものでした。その当時は遠距離でお互いに働いていたのですが、私が休みの日で、パジャマでのんびりしているところに、玄関のチャイムがなって、ガウン羽織って出て行こうとすると、付き合っていた彼がやって来ました。スーツでバラの花束を持って玄関前に立っていたので、びっくりして私は玄関で立ち尽くしてしまいました。そこからプロポーズされ、婚約指輪を指にはめてもらいました。家でのプロポーズは憧れていたのですが、あまりにも私の準備が整ってなさ過ぎたので、いまではとても後悔しています。(目的:婚約指輪 / 立場:相手から贈られた / 当時の年齢:25才 / 当時の年収:約300万円 / 予算:約20万円)

ケイ・ウノ

「幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店」をコンセプトに、年間4万種類モノデザインを生み出しているブランドです。シンプルなものから、エレガントなもの、ファンシーなものまで幅広く取り揃えています。オーダーメイドジュエリーにも対応しており、世界でひとつだけの2人の愛の絆をつくることもできます。また、ディズニージュエリーも取り扱っており、まさにプリンセスが身につけるような結婚守備を手にすることができます。専属コンシェルジュのサポートが手厚いところも、大きなポイントです。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら

俄(にわか)

俄は1200年の歴史を持つ京都で誕生しました。洗練されたフォルムと、身につけたときの指の美しさと一体感を持ち味しているジュエラーです。デザインは細部にまでこだわりを感じさせるものとなっています。さらにリングひとつひとつに名前をつけており、それから連想されるイメージが、これから結婚する2人のストーリーに彩りを加えてくれることでしょう。また、おもてなしの心を大切にしており、スタッフの対応が非常に良いと評判です。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら

GINZA TANAKA

GINZA TANAKAは国内では最も歴史のあるジュエラーであり、その信頼性と安心感は一線を画するものがあります。製造される結婚指輪は、傷や変形に強く、美しい輝きをずっと手元に宿すことができます。これは、あらゆる貴金属の特性を熟知している田中貴金属だからこそ開発できた技です。また、ダイヤモンドにも強いこだわりを持っており、日本初のダイヤモンド専門書を発行した歴史があるほどです。

  • かわいい
  • シンプル
  • 価格
公式サイトはこちら